茶屋本の暮らし

茶屋本、愛車と出会う ~契約と納車~【ホンダ CT125ハンターカブ】

こんにちは、茶屋本です。

このたび、ホンダのCT125ハンターカブを契約→納車しました。

購入までの経緯や、あれこれを書き記していこうと思います。

茶屋本ユカリ
茶屋本ユカリ
ぴかぴかの新車です

契約までのこと

いまだかつて、茶屋本がここまで勢いのまま行動したことはありません。

いま思い返してみても、我ながらとんでもないことをしたと思います。

茶屋本ユカリ
茶屋本ユカリ
それでも後悔はありません 

茶屋本、乗る

店員さんにお願いしてハンターカブに跨らせてもらいました。

車高が高くてほとんど爪先立ちになっていましたが、(このときの)茶屋本には些細なことでした。

エンジンを掛けると全身に振動が伝わってきて、アクセルを回すとさらに強い振動と迫力のある音が響きます。

茶屋本ユカリ
茶屋本ユカリ
茶屋本、恥ずかしげもなく大興奮です

茶屋本、即決する

まだ買い手が付いていないうえ、なんと納車まで一週間も掛からないということを聞き、気づいたら「買います」と声が出ていました。

店員さんは食い気味の茶屋本に苦笑いでしたが、すぐに契約の説明などをしてくれました。

その際、支払総額に思わず真顔になったのもいい思い出です。

茶屋本ユカリ
茶屋本ユカリ
今でも笑えませんが 

契約書類を書いたり任意保険加入の手続きをしたりと、初めてのことばかりで終始あわあわとしていました。

逐一店員さんにフォローをしていただき、なんとか一通り済ませることができました。

こうして晴れて契約完了、茶屋本はにこにこで店を後にしたのですが・・・

茶屋本、震える

茶屋本はこのとき自転車で車の交通量がとても多い道を走っていました。

ふと、納車後にこの道をバイクに乗り一人で帰ることを想像して、茶屋本は恐怖で震え上がりました。

すぐさま回れ右、バイクショップに直行です。

再び来店してきた茶屋本を見て驚いている店員さんに、茶屋本はこう言いました。

茶屋本ユカリ
茶屋本ユカリ
すみません、やっぱり自宅まで配送をお願いします 

納車のこと

契約から納車までわずか数日ほどでしたが、まさに一日千秋の思いでした。

これほど一日一日が長く感じたことはあまりありません。

ハンターカブは一時期、納車まで数か月待ちの状況もあったらしい

茶屋本ユカリ
茶屋本ユカリ
これほどまで早く納車できたのは茶屋本の日ごろの行いが良いからでしょう

茶屋本、待ちきれない

納車日、茶屋本はハンターカブが配送されてくるのを今か今かと待ちわびていました。

外の様子を確認するため窓ガラスに張り付いて待機していると、荷台にハンターカブを乗せた軽トラが家の前に止まりました。

すぐさま外に飛び出して、店員さんを出迎えます。

茶屋本、走る

ハンターカブを荷台から降ろしたあと、必要書類やバイクの鍵などをもらい、車体の説明を受けました。

走行練習に付き合ってもらえるとのことだったので、もちろんお願いしました。

茶屋本ユカリ
茶屋本ユカリ
すべてが不安な茶屋本に断る理由なんてありません

ハンターカブは小型二輪車なのでバイクの中でも軽い方ではあるのですが、か弱い茶屋本は押して歩くだけでふらつきそうになるときがありました。

納車から一時間も経たずに立ちごけなんて、想像するだけで恐ろしい。

茶屋本、納車を終える

多少慣れてきたところで切り上げて、いよいよ店員さんともお別れです。

契約から納車まで担当してくださり、至れり尽くせりの対応をしていただきました。

免許取り立てのよちよち歩きしかできない赤ん坊のごとき茶屋本には本当にありがたい話です。

茶屋本ユカリ
茶屋本ユカリ
一部書類を持ってくるのを忘れて、慌てて取りに戻ったのもご愛敬でしょう

茶屋本、感慨に耽る

店員さんが帰ると、茶屋本とハンターカブだけがその場に残りました。

しばらく、あちこちを触ったりただ眺めたりしました。

これまでを思い返して、次第になんとも言い難い気持ちがふつふつと湧き出てきたのを覚えています。

筆舌に尽くしがたいとはこのことでしょう。

茶屋本は目の前のバイクを買ったのだとようやく実感しました。

茶屋本ユカリ
茶屋本ユカリ
こうして、茶屋本は初めてのバイクを入手したのです

最後に

ハンターカブを迎え入れるまでのあれこれを書いてきました。

ここに至るまでに、免許証の取得という最大の壁があったのですが、それはまたいずれ。

これからこの子と一緒にたくさんの場所に行って、いろんなものを見て、またこうして日記として書き記していけたらいいなと思います。

前のお話はこちらから↓

茶屋本、愛車と出会う【ホンダ CT125ハンターカブ】こんにちは、茶屋本です。 突如としてバイクを求め、あれこれ奔走しました。 これまでの茶屋本の人生で、もっとも衝撃的な出会いだった...